FC2ブログ
プロフィール

internavi

Author:internavi
本名 的場 幸秀(まとば ゆきひで)1960年生まれ、奈良県在住の元警察官です。約35年間勤務 刑事、交通、地域、警務、高速道路交通警察隊で活躍。交通事故防止のために全力を挙げて活動。日々の気付いた交通違反の種類について綴っていきたいと思います。 メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、チャイルド心理ヘルスカウンセラー、子ども心理インストラクター資格所持

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2ライブ

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天のおすすめ

カテゴリ

フリーエリア

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

フリーエリア

Amazonのすすめ

オービス

交通違反の種類を知って得するブログ
真の交通事故防止を叶えるため多種多様な事象をとらえていきます
運転姿勢は大切!

こんにちは、internaviこと的場です。


毎日運転していて、前を走行する車両の殆どがふらついたりセンターラインはみ出したり、センターラインを踏んで走行し対向車と

接触しそうになる場面を必ず見ます。



車の車枠寸法は、大型、普通車、軽四等それぞれ決まっています。


ブログを無料でみるアプリ「ブログをみる」

https://blogmiru.com/qr


「にほんブログ村」にブログを無料で見るアプリが出来ました。是非利用してみてください


道路には幅員の広い道路、幅員の狭い道路等様々です。


車を運転することで大事なことの1つとして、接触事故を起こさないように車両感覚を養わなくてはならないということです。


冒頭に述べました、車両の走行の仕方が理解出来ない車両が多いということです。


では、何故この様な走行をする車両が多いのかということを考えてみましょう。

1つは、車内で夢中で携帯電話を使用して前に集中していない。

2つは、同乗者との会話に夢中になり注意力が散漫になっている

3つは、運転中の運転姿勢が、適切な姿勢が出来ていないからです。


運転姿勢が大切なのは、ハンドルに近すぎると、胸が近づきすぎてハンドルを切る適切な間隔が無くなること。


体を左右どちらかに傾けると視線が左右にずれるので車が車道の何処を走行しているのかということを誤認して走らせてしまう。

という問題があるからです。



私の友人や知人に色々聞いてみました。


すると、この運転と同じ運転をしている方が数名いました。


この運転をしていると答えた方は、殆どの方が自分がそのような運転をしていたという自覚がありませんでした。


私から、聞かれて初めて気が付いたと言っていました。


友人や知人に運転について改善するように指導したところ、今では見違えるように運転が上手になりました。


車の運転は、日常の運転の仕方で下手のままでいるか上手な運転が出来るようになるかが変わって来ますので車を運転する方は、自

分で日々の運転に集中してみてください。


運転技術を向上させることは、交通事故防止に繋がることを理解して下さい。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://skier265900.jp/tb.php/760-cae9968b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)