FC2ブログ
プロフィール

internavi

Author:internavi
本名 的場 幸秀(まとば ゆきひで)1960年生まれ、奈良県在住の元警察官です。約35年間勤務 刑事、交通、地域、警務、高速道路交通警察隊で活躍。交通事故防止のために全力を挙げて活動。日々の気付いた交通違反の種類について綴っていきたいと思います。 メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、チャイルド心理ヘルスカウンセラー、子ども心理インストラクター資格所持

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2ライブ

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天のおすすめ

カテゴリ

フリーエリア

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

フリーエリア

Amazonのすすめ

オービス

交通違反の種類を知って得するブログ
真の交通事故防止を叶えるため多種多様な事象をとらえていきます
長尺積載の車両!!


こんにちは、internavi こと的場です。


20240413164249c31.jpg


この写真は、大阪市平野区で撮影しました。


私の前を走行していたので、撮影したのですが、見てお分かりのように長尺の積載物を載せているトラックです。


車両後部のアオリを倒し車体をはみ出して棒状の積載物を載せ、布のような赤色の目印を付けています。

このような措置をしている車両を久しぶりに目撃しました。



ただ感じたのは、この目印を付けているだけで積載許可を警察で受けていない状態で走行しているのではないだろうか

と思ったのです。



このような積載方法で、違反をしないで走行するためには警察で許可を受け、赤色の目印を付けて、許可証をフロント

ガラスに掲示して初めて違反では無い状況で走行できます。



この長さの積載物なら積載方法を帰れば、本来違反にはならない状況で走行できます。

 


皆さんは、その積載方法が分かりますか?


どのように積載すれば違反にはならないのかと言うことを説明します。


車両の積載方法は、床に置いたことで車体からはみ出してしまっています。



この積載物を屋根の上に斜めになるようにして積載すれば、違反にはならないのですから、そのように積載するべきで

す。



この荷物を運んでいるドライバーは、深く考えずに運搬しているのだと思います。


でも、公道を走行するのですから道路交通法を遵守して交通事故を起こさないように走行するように心掛けましょう。



スポンサーサイト