FC2ブログ
プロフィール

internavi

Author:internavi
本名 的場 幸秀(まとば ゆきひで)1960年生まれ、奈良県在住の元警察官です。約35年間勤務 刑事、交通、地域、警務、高速道路交通警察隊で活躍。交通事故防止のために全力を挙げて活動。日々の気付いた交通違反の種類について綴っていきたいと思います。 メンタル心理ヘルスカウンセラー、メンタル心理インストラクター、チャイルド心理ヘルスカウンセラー、子ども心理インストラクター資格所持

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2ライブ

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天のおすすめ

カテゴリ

フリーエリア

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

フリーエリア

Amazonのすすめ

オービス

交通違反の種類を知って得するブログ
真の交通事故防止を叶えるため多種多様な事象をとらえていきます
停止線から離れて停止する複数車両!!
202401081520231c3.jpg


こんにちは、internavi こと的場です。


この写真は、大阪府長原料金所近くの府道2号(中央環状線)のある交差点です。



左側に少しだけ見えている車両と右側の青色の車両は、赤信号待ちで停止線から2台共に約3メートル離れて停止して

いる状況です。


最近公道を走行している車両は、このように停止線から数メートル離れて停止する車両を頻繁に見掛けます。


理由は、分からないのですが貴方は停止線で停止していますか?


運転免許を取得する時に教習所で停止線で停止することを習ったのは、既に忘れているのでしょうか? 


 


車両を運転するドライバーは、停止線が標示されている理由を理解して道路交通法に基づいて基本を守り停止するよう

に心掛けて下さい。



後続車や対向車、横断者や自転車が判断を誤って交通事故を起こす可能性の確率が高くなるので自分だけが良ければい

いという自分本意の停止はやめましょう。



交通事故が発生してからでは遅く取り返しのつかないことになりますので、交通事故防止に努めて運転するようにしま

しょう。




スポンサーサイト



明らかに飲酒して運転!!

こんにちは、internavi こと的場です。


本日午前11時半ごろ、奈良県高市郡高取町のあるコンビニエンスストアで買い物をしているときにダンプ運転手が缶ビ

ール500ml2本を購入するのを目撃しました。


購入後の行動を見ていたところ、コンビニエンスストア前に止めていた奈良ナンバーの2トンダンプ黒色を運転して北

方向へ走行して行きました。


 


このダンプは、みたところ解体業者の車両のようでした。


この時間での缶ビールの購入は、これから現場に戻ったら昼食の際に、缶ビールを飲みながら昼食をとるのでしょう。


しかし、ダンプを運転するのですから飲酒運転はしないようにして欲しいと思います。


購入しているときの様子では、飲酒運転はしてはいけないという意識は無いようでした。


まだまだ身の回りには飲酒運転をしているドライバーがいることを再認識して、車を運転するときは細心の注意を払

い交通事故を防止にに努めて運転するようにしましょう。


センターラインをはみ出している車両!!
20240107060728cef.jpg

こんにちは、internavi こと的場です。


この写真は、昨日奈良県御所市内で撮影した写真です。


この写真を見てどの様に感じますか?


私は、「情けないドライバーだな」と悲しみを感じました。


センターラインが建物の壁があるとすれば、完全に車体の右側を損傷していると思います。


また側溝があるとすれば、右側の前後のタイヤを脱輪して走行不能になっているはずです。 

 


写真のようにセンターラインをはみ出して赤信号待ちが出来ているこのドライバーは、どんな気持ちで信号待ちをして

いるのかその気持ちを出来ることなら聞いてみたいです。


車を運転するドライバーは、迷惑を掛けない運転に努めるようにしましょう。


交通事故を起こさないためにも、自分の運転が上手に運転できているのかを意識して走行するようにしましょう。


福祉関係車両のドライバーは、運転が下手くそ!!

こんにちは、internavi こと的場です。


20240104162718586.jpg


この写真は、本日午前中に奈良県御所市の御所実業高等学校前交差点で撮影したものです。


私の前を走行していた軽四が赤色信号機🚥の信号待ちで、左折するのに左側の方向指示器を点灯させて止まりました。


デイサービスセンターのシールを貼っていたのでひと目で福祉関係車両であることが分かりました。


車内には運転手と同乗者が乗っていることは、すぐに分かりました。


写真を見てすぐに分かると思いますが、左側のスペースが1メートル以上有ります。


ここは、左折レーンと右折レーンがあるのですが、この軽四は右折の方にはみ出して停止しています。


道路交通法では、左折するのには左側に寄ってするようにと定められています。


後ろから運転手の動作を見ていると、同乗者との会話に夢中になり運転に対しての注意が散漫になっていることが分かりました。


この後、信号機が青色に変わっても会話に夢中になっているのでなかなか発進しませんでした。



信号機が青色に変わって発進したあと、左折して走行するのですがやはりセンターラインを割りそうになったり、蛇行運転をした

り、対向車と接触しそうになったりと本当に危険な運転をしていました。 


 


私は、日常で福祉関係車両の走行を観察しているのですが、本当に下手くそで危険でいつ交通事故が起きてもおかしくない場面を数

えきれない程目撃しています。


福祉関係車両だからこそ、運転の上手なドライバーに運転して欲しいと願います。




駐車枠に止めないドライバー!!

こんにちは、internavi こと的場です。



今は、ホームセンターの駐車場です。


この写真は、駐車枠をはみ出してそのまま買い物のためにホームセンター内に買い物に入って行ったドライバーの車の状況です。

202401031005099ec.jpg

感じたのは、この様な止め方をして他の人達に迷惑を掛けてしまうと思わないのだろうかと疑いたくなります。


この車のドライバーは、道路を走行するとき周りに気を遣うこと無くセンターラインをはみ出して運転したりセンターラインを踏ん

で走行したり蛇行運転をしたり等迷惑な運転をしているのだと思います。


車の運転を上手になるためには、どんな場面でも集中して運転することが大事なのです。

 


道路は、自分の所有する道路ではなく公道であることを忘れずに周りに気を配り迷惑を掛けない運転に努めるようにしましょう。


交通事故防止や煽り運転の被害に遭わないためにも大事な事であることを忘れないようにしましょう。